展示「本の補修・修理」を開催しています。

2012.9.4

 図書館の本を大切に!

 皆さんは、図書館で借りようとした図書のページが取れかかっていたり、ペンで線が引かれていてがっかりしたことはありませんか?

 図書館では返却された図書に書き込みがないか、ページの破れや欠落がないか、確認をするようにしています。
 もし書き込みが見つかれば消しゴムをかけて消し、ページの取れかかったものは修理をしています。
 図書の修理には、本の仕組みや修理についての知識、そして何より技術が必要です。

 この度の展示では、修理に関する資料や実際に使用している道具、製本や装丁についての資料、修復に使用する和紙に関連する資料を紹介します。


 ■ 展示期間:平成24年9月3日(月)〜10月31日(水)

 ■ 広報チラシ [PDF 161KB]





図書館トップ