資料の検索

学外からのリモートアクセスについて

広島市立大学附属図書館で契約している電子ジャーナル・データベースの中には、自宅などの学外からも利用できるものがあります。
サービスによって以下の2種類の方法があります。

Shibboleth認証(学認)

広島市立大学が学術認証フェデレーション(通称:学認)に参加したことに伴い、Shibboleth認証という方法で利用することが可能になりました。
この認証に対応しているサービスでは、hunetアカウントでログインすることで、学外からでも学内と同様に電子ジャーナルを利用することができます。
パソコンへの設定等は必要ありません。
各サービスによって利用方法の詳細は異なりますので、詳しくは各サービスの利用ガイドをご覧ください。

基本的な利用方法

  1. 各サービスのログイン画面から「Shibboleth Sign In」等を選択します。(サービスにより用語が異なります)
  2. 広島市立大学を選択します。
  3. 本学の認証画面が表示されたらhunetアカウント・パスワードを入力します。
  4. 各サービスの画面にもどり大学名が表示されていればログイン成功です。

(Shibboleth認証に対応しているサービス )

<参考>


VPN接続(おうちhunet)

パソコンへのソフトウェアのインストールと設定が必要です。
詳しくは情報処理センターの「おうちhunet(VPN接続サービス)について」をご覧ください。

(VPN接続に対応しているサービス)

  • 聞蔵Ⅱビジュアル * 利用後は必ずログアウトしてください。
  • CiNii
  • JapanKnowledge Lib * 利用後は必ずログアウトしてください。
  • 日経BP記事検索サービス
  • ProQuest Research Library * つながりにくい場合はShibboleth認証をお試しください。
  • ACM Digital Library
  • PEP Archive