資料の検索

文献情報管理ツール「RefWorks」

広島市立大学の学生・教職員は文献情報管理ツール「RefWorks」をご利用いただけます。


RefWorksとは

研究成果や電子リソースから収集した学術情報を蓄積・管理し、それらを共有化したり、情報発信するためのウェブサービスです。ソフトウェアのダウンロードや更新が不要で、インターネットに接続できる環境であれば、いつでもどこでも自分のアカウントにアクセスできます。


RefWorksを使うと・・・

Web上に自分だけの文献・情報データベースができる

OPACやCiNii、Google Scholar等各種データベースの検索結果やWebサイトの情報を、簡単にRefWorksに取り込めます。取り込んだ後の編集、手入力での新規データの作成も可能です。

インターネットに接続できればいつでもどこでも利用可能

Web上にデータを保存していますので、自分専用のアカウントでログインすれば、どこからでもデータを保存・参照・編集できます。

参考文献リストを自動作成

保存したデータを用いて、選択した書式で参考文献リストを自動作成できます。
また、Microsoft Wordと連携して使用できるソフト「Write-N-Cite」をインストールすると、保存したデータを論文執筆中に検索して呼び出し、文中の引用と論文末尾の参考文献リストを自動作成することができます。

文献リストを共有&公開できる

RefWorksで作成した文献リストは、著作権に触れない形であれば、情報を共有することも可能です。RefWorksのアカウントを持っていない方にも、文献リストのURLを公開することができます。


利用の方法

ご利用には二種類の方法があります。

  • hunetアカウントを利用してログインする方法(Shibboleth認証方式)*Shibboleth:シボレス
  • RefWorksのアカウントを作成してログインする方法(通常のログイン方式)

hunetアカウントを利用してログインする方法(Shibboleth認証方式)

詳細はShibboleth認証によるRefWorksログイン方法[PDF 270KB]をご覧下さい。
※シボレス認証をご利用の方は、卒業/退職される際、hunetアカウントの有効期限内に「プロフィール更新」から「ログイン名」と「パスワード」等を変更してください。卒業/退職後も引き続きご利用になれます。変更後は通常のログイン方式でログインしてください。

RefWorksのアカウントを作成してログインする方法(通常のログイン方式)

学内ネットワークに接続したパソコンからアカウントを作成してください。一度アカウントを作成すると、以後はインターネットが利用できる環境であれば学外からでもアクセスできます。

  1. https://www.refworks.com/にアクセスして「新規アカウントを申し込む」をクリック
  2. 「ステップ1」で「メールアドレス」「ログイン名」「パスワード」を入力して「次へ」をクリック
  3. 「ステップ2」で「お名前」等を入力して「アカウントを作成」をクリック⇒登録完了

利用の際は、「RefWorksの資格情報を使用してログインする」の下に「ログイン名」「パスワード」を入力してログインしてください

※ログイン名やパスワード、メールアドレスは変更が可能です。RefWorks画面上の「プロフィール更新」から行ってください。

<注意事項>

  • CiNiiなどのデータベースからデータをインポートする際、以下のような画面が表示されることがあります。その場合は、左側の画像をクリックしてください。RefWorks
  • ご使用のメールソフトによって、RefWorks社から届くメールが文字化けすることがございます。RefWorks社へは、問題への早急な対応を依頼しておりますが、もし、文字化けしたメールを受け取られた場合は、お手数ですがメールソフトの「引用して返信する」機能を用いて本文を再表示させてください。HTML形式で文字化けしていない状態で表示されます。


RefWorks 利用マニュアル